バリ島 ~サンバルシュリンプと タクシーのこと~

b0241774_15255579.jpg
空港で取ってきたフリーペーパーに載っていたスミニャックにあるエビ料理店
すごく惹かれてネットで調べたら、かなり有名店で現地在住の日本人にも人気だったので
ランチに行って来ました。

b0241774_15244292.jpg
Lime Marinade Shrimp with Balinese Herb Rp.48,000/100g(写真は100g)
バリのハーブクマンギやライムに漬け込んでボイルしたエビの冷製。

b0241774_15302123.jpg
Shrimp “SOCKS” Rp.20,000
天ぷらやさんで“もっと食べたいな~”と毎回思う カラッと揚げたエビの脚も
ここなら200円しないで食べれちゃうヽ(*´∀`)ノ

b0241774_15314455.jpg
Shrimp Sambal Matah Rp.68.000
手づくりの生サンバルで和えたピリッとした辛さのプリプリのエビ。
すっごく美味しくておかわりしました!

b0241774_15323258.jpg
Shrimp Sambal Kluwak Rp.68,000
上のと似ているけど、こちらはクルワッという木の実で和えてあり同じくピリ辛。

b0241774_15331635.jpg
AJILLO minced shrimp stuffed mashroom
エビすり身をマッシュルームに詰めたアヒージョ。

b0241774_15360544.jpg
すべてとっても美味しかった♪♪
美味しすぎてものすごい勢いで食べて、気づいたらビンタン大瓶3本も空いていた...

またこのお店のためにスミニャックまで足を運びたいくらい

私たちは、クタのモルバリのタクシー乗り場から乗車してRp.45,000くらいでした。
(最初来たタクシーは「メーター使って」と言ったのに倒してくれなかったのですぐ降り
次に来たドライバーはちゃんとメーター使ったし感じよく親切だった)


ここでいまだによくわからないタクシーのミニマム料金。

本来初乗りRp.7,000スタートでメーターで上がっていくシステムなんですが
乗車したら近距離でも最低Rp.30,000(ブルーバードの場合。割れ門マークはRp.45,000だった。)
払ってくださいね、っていうもの。

でも、現地在住の方のブログを見ていたら

電話で呼んだ場合は ミニマム料金、キャンセルした場合はキャンセルフィーがかかります』と。

そういえば、タクシーのドア内側に貼ってあるシールにも
予約電話番号の下にミニマム料金・キャンセルフィーと表記してあるものねぇ。

そこで私、現地在住の方に思いきってコメントで質問してみました! すると

 ミニマム料金は「呼んだ場合のみ」のはず。
 バリのタクシー(ブルーバード以外)は値段交渉制にしたがる傾向がある。
 また、ヌサドゥアエリアは特殊なので一定料金のシステムがあるかも。

とのこと。
次回、ドライバーに「(ミニマム料金は)電話で予約した場合よね?」と言ってみようと思います。

ちなみに、私たちもできればメーター制で安心と言われるブルーバードに乗りたいけど
車体の色も鳥マークもそっくりなタクシーがわんさかいるので走っている状態じゃよく分からない^^;
以前、ブルーバードのドライバーも「そっくりだよね」と困ったように言ってました。

b0241774_15364600.jpg
あっ! ちょうど写真に写っているタクシーがブルーバードです!
拡大して目に焼き付けてください(笑)

って、皆がブルーバードブルーバード!言うから、他のタクシー会社も車体を似せるようになっちゃうのか...
ブルーバード以外でも、メーター使い「日本大好き!」と日本語話したり親切な運転手さんちゃんといましたよ^^

サンバルシュリンプでエビを堪能した後、クタスクエアに移動し買物しました。
マタハリデパートや 近くに2階建てのビラボンショップがあるのです♪

ビラボンは鎌倉にもあるんですけどね。
品揃え豊富で、そしてたぶん日本より安いのではないかなー
買ったものだいたい1着5000円しなかったし(セール品だったからか?)
帰国してからお店寄ったけど、私たちが買ったものは置いてなかったので。

b0241774_15372516.jpg
神々が宿る島と言われるだけあって、空港、ホテル、車内、お店、街中どこに行っても目にする
神様へのお供え チャナン。

これは地面に置いてあるので悪霊のためのもの。
「どうぞ悪さをしないでくださいね」との願いがこめられているのだそうです。
お祈りを捧げている姿もあちこちでよく見かけました。

お供え後は結構見るも無残な姿になってますけどね...
バイク等に轢かれてたり、気づかず通行人に踏みつけられていたり
アヤナでは野生のお猿がひっくり返してモグモグ食べてたしな^^;

でもこれ、神様にお供えした後はどうなろうと気にしないらしいです。




[PR]
# by burutan | 2017-09-25 16:15 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

バリ島 ~コンラッドバリ カクテルタイムと食事~

b0241774_1533864.jpg

コンラッドスイート宿泊の特典に含まれる17:00~19:00のイブニングカクテル。

b0241774_12495733.jpg

GWの頃は少々ムシ暑く、冷房の効いた屋内席の方が人気ではありますが...

b0241774_1533369.jpg

蚊取り線香もあまり役に立たず大量の蚊の襲撃に遭うにもかかわらず
私にとっては妙に居心地いい屋外のベンチソファ。

心安らぐ空間で非日常を感じながら大好きなお酒と贅沢な時間を愉しむ

それがしたくて(あと無料ランドリー)ここに宿泊していると言っても過言ではない!笑

b0241774_12583080.jpg

ここから暮れてゆく空を眺めながらまったりと飲むのです(*´◡`*)
新しいホテルと比べるとやや古い感否めなくも逆にそれが落ち着いたりもする(笑)

b0241774_1534237.jpg

席に着くといい香りのおしぼりとスナックが運ばれます♡

b0241774_15343650.jpg

アミューズは日替わり。

b0241774_15345232.jpg

ビール(ビンタン、バリハイ、カールスバーグ)、ワインの他、モヒートやブラッディメアリー
マンゴーやイチゴなどフレッシュフルーツを使ったフローズンダイキリもすべてフリーフロー ♪♪

残念ながら、昨年まではいただけたスパークリングワインが外されてましたけどね (◞‸◟)
カクテルの種類も以前と比べ大幅に減ったような・・・


ラウンジで飲んだ後はホテルの外に食べに行ったり

b0241774_15354685.jpg

ルームサービスにしたり。
バリの前菜(Balinese Sampler)、ベトナム風生春巻き、ソトアヤム
ソトアヤムは昨年の方が単品だったしよかったなー。

b0241774_15375481.jpg

ホテル内の Eight Degrees South にも行きました。

b0241774_15573852.jpg

でもここは目の前がビーチなので、晴れた日の昼間の方が気持ちいいと思います!
夜だとほとんど見えず波音しか聞こえないので。


b0241774_15391976.jpg

朝食はクラブラウンジ階下のRIN(凜 和食レストラン)でいただけます。
(ホテル全体の朝食会場SUKU(スク メインレストラン)も利用できますよ)

b0241774_15421562.jpg

ここで、昨年嬉しそうに「久しぶり~」と涙ぐんでくれたスタッフの女の子に今年も会うことができ
しっかとハグして再会を喜び合いました(*´◡`*)

そういえば、ホテルに到着して部屋でチェックインするときに現れたスタッフの女性が笑顔で
開口一番「Welcome home♪♪」と言ってくれたのも、温かみが感じられすごく嬉しかったです♡

b0241774_15431578.jpg

朝食は、ブッフェもオーダーメニューも年々内容がさみしくなっているような・・・^^;

ブッフェはSUKUの方が圧倒的に種類豊富です。

b0241774_15462179.jpg

まあでも、昨年はメニューから外されていたワッフル&パンケーキも復活していたし
全体的にシンプルだけど、静かな空間で落ち着いて食事をとりたい方にはいいと思います。

b0241774_15464199.jpg

相変わらずスイートプールはあまり人影なく

b0241774_1547581.jpg

水遊びしていたのは鳥だけだった・・・


ホテル敷地内の様子も少し載せておきましょうね。

b0241774_15474822.jpg

珍しく曇天ですが...

コンラッドはプールが広い!
大きなメインプールをぐるっと囲むようにラグーンプールが配されてるんですが
いくつもの橋が架けられていたり砂浜があったりと、とにかく広い!!

b0241774_1548269.jpg

ちょっとした道もお手入れされた緑が気持ちいいし

b0241774_1613036.jpg

夕暮れ時の砂浜にもすぐ出れる♪


6度目の滞在ともなると、カメラにおさまる写真も毎年同じようなものになってしまい
なんとなく飽きてきて、帰る頃には夫と「次は違うホテルにしてみようか」と話すのに
宿を決める頃には必ず候補に挙がり 結局今年もお世話になったコンラッドバリ。

バリで初めて泊まったホテルで感動したこと、安心感も大きいのかもしれません012.gif
[PR]
# by burutan | 2017-09-12 16:47 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

バリ島 ~コンラッドオーシャンスイート~

b0241774_141211.jpg

旅行後半も昨年と同じ、CONRAD BALI (コンラッドバリ) に3泊しました。

初バリの時、一番最初に心が躍った景色だからでしょうか
エントランスからメインロビーを抜けると目に飛び込んでくるこの景色が大好きです♡

b0241774_14124127.jpg

いくつかの回廊を通り一番離れたスイート棟へ向かいます。


今回はなんと!!

6度目の滞在にして初めて、たったの4室しかない(PH、プールスイート除く)
憧れのコンラッドオーシャンスイートに泊まることができました ヽ(*´∀`)ノ うわ~い♪♪

いつのまにか、ホテルのHPから予約できるようになっていたらしい。

予約状況の都合で3日目に部屋を移動しなければならないのが少々面倒だったけど
考えようによっては、一度の滞在で2種のお部屋を体験できたということで (*´︶`*)

b0241774_1545224.jpg

コンラッドの全景図。
3(黄色の丸)がメインロビー、12が冒頭の写真撮影した場所
黄色の四角で囲った建物がオーシャンスイート。
(Ⅳがスイート棟、22、23が専用のプールとラウンジ)

b0241774_14135956.jpg

ビーチの方から撮った建物の写真。
白く囲んだ部分が1・2日目(3515号室)、黄緑が3日目(2514号室)に泊まった部屋です。

b0241774_14145332.jpg

3515号室。(120㎡)
スイート棟の部屋と造りは一緒ながら サイドに窓があるせいか若干広く感じました。
確か向こうは110㎡と記載されているから錯覚じゃないのかな。
それともベランダ部分が10㎡広いということなのでしょうかね??

そんなことはどうでもいいとして

b0241774_1417999.jpg

ベランダ側から撮ってみる。
大きな窓があるとやっぱり違う♪

お隣は空き地で木々が見えるので気持ちいいけれど、地面には岩や瓦礫が丸見えなので
レース引いておくとちょうど良いです^^

b0241774_14173561.jpg

そしてなにより、部屋の中から海が見える♪♪
写真にはうまく写らなかったけど、入口の扉からもちゃんと海が見えますよ!

b0241774_141940100.jpg

寝室。
昨年は不在だったコンラッドモンキーがまた座ってた^^

バスルームなどはすべて過去記事と同じなので、詳細を知りたい方は こちら をご覧くださいね。

あ、バスソルト初めて入れてみましたが、ジャスミンでしょうか、とても良い香りすぎて
なかなか湯船から出られませんでした・・・

ウエルカムフルーツにillyのコーヒーマシンも変わらず、紅茶はTWGでした。
クリーニング(ドライ含む)は何枚でも無料、ネットが無料なのも同じです。

それと、こちらは 有料の飲み物が入った冷蔵庫の隣に空の冷蔵庫が置いてあるので
スーパーで買って来た飲み物やカットフルーツなども入れておけますよ。

b0241774_1420757.jpg

ベランダが広ーーい!!053.gif
鏡付きの洗面台もついてます。

b0241774_14203483.jpg

ここから楽しそうなマリンアクティビティも眺められちゃう ٩(ˊᗜˋ*)و

b0241774_14205444.jpg

チャペルで挙式後の幸せいっぱいの風景も・・・012.gif

b0241774_14223928.jpg

1階はプールスイート。(2室)

b0241774_14241091.jpg

ちなみに、こちらが2514号室のベランダからの眺め。
木がちと邪魔なのと、やっぱりワンフロア上の方が気持ちいいのう。

b0241774_14245840.jpg

ベッドもツインではなくキングベッドなんですよね...
かなり大きいので実際はあまり気になりませんでしたが。

b0241774_14321077.jpg

あと、この日は部屋のすぐ横で結婚披露パーティがあったので夜はかなり賑やかでした。
(ホテル側からは「プライベートイベントでご迷惑おかけします」とちゃんとお手紙が置いてあった)

b0241774_14333882.jpg

花火も見れたし、素敵な生演奏も聞けたし
窓から様子を見ていたらパーティに出席している子供たちが手を振ってくれたり
私にとっては華やかな楽しい時間だったので、逆にそれは良かったんですけど

お開きの後飲み続けたのでしょうかね??
寝静まった真夜中に、酔っ払って爆笑しながら大声で合唱する数人の女性たちがいて
同じ棟の宿泊客がベランダから「Shut up!!」と何度も怒鳴ってました(笑)

夫は気づかずぐーすか寝てるし、ご機嫌な女性たちと怒ってる男性の温度差が妙に可笑しくて
私ひとり布団の中で笑いを堪えてました。 おもしろかった037.gif


  
 
[PR]
# by burutan | 2017-09-06 16:35 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

バリ島 ~ザ リッツカールトン バリ クラブラウンジ~

b0241774_22533984.jpg

クラブフロア宿泊の特典で、7:00~22:00まで利用できるリッツのクラブラウンジ。

b0241774_2254736.jpg

プール側のテラス席に

b0241774_22542570.jpg

ガーデン側のテラス席。

b0241774_2255853.jpg

TV・PC付き半個室タイプの部屋もあります。

b0241774_22553043.jpg

空港では切らしていたっぽい日本語版アピマガジンも置いてあった♪
(フリーペーパーですがここでは読み終わったら本棚に戻さないといけませんよ)


こちらでは、こんな素敵なスペースで
1日5回のフードプレゼンテーションサービスが受けられるのですヽ(*´∀`)ノ

【朝食 7:00~11:00】
b0241774_22564129.jpg

フルーツやヨーグルト、シリアルや乳飲料だけでも数種(ローファットや豆乳など)あります。

b0241774_2257311.jpg

フルーツジュースに パン・デニッシュ・ドーナツ類

b0241774_22572725.jpg

サラダ、ハム、チーズなどのコールドミール
ナシゴレンなどの米物、ミーゴレン パッタイなどの麺物、ソーセージ、点心など
日替わりで常に4種類のホットミールも。
スープも毎回違うものが温められていました。

b0241774_22585948.jpg

なので、3日間飽きることなく毎朝美味しくいただいてました。

b0241774_22592560.jpg

朝からビールだってワインだってフリーフローで飲めちゃいます(*´︶`*)
デニッシュも乗ってるフルーツが日で違うし、ミニサイズなのでパンでお腹いっぱいになることもない♡

b0241774_22594616.jpg

スープやブブール(粥)は15種類ほどのトッピングソースからゆで卵やフライドオニオンを
足したりして自分好みの一杯にできます。
日替わりスープのソトアヤム(インドネシアン風鶏スープ)最高に美味しかった♪♪

朝は卵料理などのオーダーメニューもあって
オムレツやスクランブルエッグなど定番ものから エッグベネディクト、そして

b0241774_230716.jpg

ストリップロインとトリュフ入りロブスターオムレツも♪♪

カトラリーと比べてみるとわかりますがミニステーキなんですこれ。(目玉焼きはうずらの卵)
なので、翌朝もひとつ注文したらスタッフが「2つでなく1つでいいの?ほんとに~?」と
茶目っ気たっぷりに聞いてくれました(笑)


【軽食ランチ 12:00~14:00】
b0241774_2322825.jpg

ガドガドやニース風サラダ、スティックサラダなど野菜もたくさん♪

b0241774_2324657.jpg

フルーツティや炭酸飲料、サンドウィッチ。
フレッシュフルーツジュースやスムージーは終日注文できますよ。

b0241774_2331336.jpg

昼呑み٩(ˊᗜˋ*)و  いや、朝から飲んでるけど...
暑い国のビールってさらりと飲めるから困っちゃいますね012.gif

b0241774_233438.jpg

温野菜、温かい魚・肉料理、ポテトグラタン

b0241774_2345100.jpg

軽食といっても結構充実してます!

 
【アフタヌーンティ 14:30~16:30】
b0241774_2343625.jpg

このコーナーは常設されてます。

この時間帯は三段プレートもいただけますが、基本スイーツに興味ない夫婦なので
今年は結局一度も行きませんでした^^;

 
【軽食ディナー 17:00~20:00】 

b0241774_235498.jpg

温野菜をおかわりして結構な量食べてたので野菜不足など微塵も感じることなく

b0241774_235254.jpg

揚げ物や寿司は毎晩あるし

b0241774_2354389.jpg

全体的に薄味なので喉渇くことも飽きることもなく美味しくいただいてました♡

時間でお料理が切り替わるときは、「そろそろ料理を片付けるけどOK?」と
スタッフが各テーブルに聞きにきてくれます。


【お休み前のデザート 20:00~22:00】 
b0241774_236640.jpg

トリュフやマカロン、ひとくちサイズのミニケーキ、チョコフォンデュ...
ディスプレイも可愛いですよね♡

b0241774_2362831.jpg

で、普段めったにスイーツは食べないのに雰囲気でつい食べてしまう^^

b0241774_2365011.jpg

トリュフチョコ美味しかった♡

b0241774_2372440.jpg

スタッフも明るく感じ良く よく気がついてくれます。
昨年宿泊したことを事前情報で把握しているのでしょう、名前を告げると
「Long time no seeー!!」と歓迎してくれるし
それからは、ゲストが少ないせいもあるでしょうが 一度で顔と名前を覚えてくれて
ラウンジに顔を出すたび 「Welcome ba~ck♪♪」と笑顔で出迎えてくれるのです。

同じスタッフだと飲むことをもうわかっていて、席に着くと「ビンタンビール?^^」
グラスが空になる頃 「ビンタンお代わり?」「それともシャルドネ?」と聞きにきてくれる012.gif
(夫は飲むのが早すぎるので、何度か手挙げて呼んでましたけどね...)

b0241774_2374321.jpg

結局昨年も今年も入らなかったラウンジのプール。
お酒も飲んでたしね。。。


b0241774_2393927.jpg

3日目の夜 挨拶に来てくださった総支配人から
ホテル全体の朝食会場SENSES(センス)のヌードルコーナーが新しく美味しくなったのでぜひ
と教えていただいたので、翌朝(ホテル移動日)行って来ました!

b0241774_2310673.jpg

麺は4種ほど スープも2種から選べ、きのこや葉物野菜 団子などの具も「これ」と指差して
麺と一緒に茹でてもらいます。

b0241774_23103178.jpg

トッピングにトマトの卵炒め?が加わってました。
で、もう片方のスープと春雨も食べたかったのでお代わりしてしまう(笑)

美味しかった♡


リッツに滞在中は一度もホテルの外で食事することはなく
朝から晩までラウンジで飲んで食べてました^^;
ほぼ一日中いつでも好きなときに利用できるのって本当便利です。

レストラン行くにはタクシー使わないといけないし、バリは酒税も高いので
ホテルでのんびり過ごしたい方、お酒をたくさん飲む方は特におすすめです!
[PR]
# by burutan | 2017-08-16 10:43 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

バリ島 ~ザ リッツカールトン バリ クラブフロアとハイドロバイタルプール~

b0241774_14241973.jpg

今年も昨年と同じ クラブラウンジが利用できるサワンガンクラブジュニアスイートに宿泊しました。

b0241774_14245673.jpg

3512号室。(88㎡)

b0241774_1425275.jpg

玄関の目の前が鏡台。(PC机としてもちょうどよく、インターネット利用は無料)
その隣がウォークインクローゼットで、浴衣スタイルの寝着とバスローブがかかってます。
ストローバッグと帽子は持ち帰れますよー。
ダブルシンクの洗面台、バスアメニティはアスプレイ。

b0241774_14261260.jpg

バスルームは開閉自由な引き戸で、ガラス戸で仕切られているシャワールームも使いやすいです。

b0241774_1426575.jpg

テーブルの上に フルーツとバリのお菓子、昨年ラウンジでご挨拶した総支配人(日本人)と
「日本語話せるのでお気軽にどうぞ」とラウンジ某スタッフからの手紙が置いてありました。

冷蔵庫の中の飲み物は有料
歯磨きなどでも使用するフリーのミネラルウォーターは十分な量置いてあります。
モーニングコールをお願いすると部屋へコーヒーや紅茶が運ばれるサービスもあるんですが
部屋にillyのコーヒーマシンや紅茶がついてるのであまり必要ないですかね。

洗濯物は毎日2点まで無料。
ちなみに、夫のカジュアルシャツと私のノースリーブワンピース(いずれも家で洗濯機で洗ってる)
本来はRp.60,500とRp.84,100なので、ホテルのクリーニングはやっぱりお高いですね^^;

b0241774_1427334.jpg

ベッドメイキング後、2匹で同じヨガのポーズみたいなのとってた。可愛い012.gif

・ ・ ・ ・ ・ 。
そういえば、先月うちに久々泊まりに来た友人がこのコたちに名を呼びかけながら
「しばらく見ない間にずいぶんハゲたなぁ...(チビなんて)布一枚ほどになっちゃって...」
と話しかけてた(笑)

夫がぬいぐるみ病院を見つけてくれたのでそろそろ入院させるか考え中・・・^^;

b0241774_14275555.jpg

ベランダ。
東向きなので太陽が燦々と照りつけるのは朝~午前中にかけてだけ。
(朝でもブラインドを下ろしておけば部屋の中は快適ですよ^^)

b0241774_14303228.jpg

ベランダからの景色。
昨年と同じ4階(5階建て)で、昨年より6部屋分海寄りです。
一年前より木が育ったり増えたりして緑いっぱい♪ ヽ(*´∀`)ノ

実際は写真よりも海がもっと近くに見えますよー!

b0241774_14414795.jpg

真下はプールで、一階のお部屋からは直接プールに入れます。

b0241774_14425787.jpg

上:ちょうど一年前。
下:今年。植物が増えて外からプールがまったく見えないのでプライベート感増した感じ。

b0241774_14491275.jpg

部屋の前の廊下。

b0241774_14494741.jpg

ここからの見晴らしも気持ちいい(*´◡`*)


さて、昨年も利用したハイドロバイタルプールに行きましょう~♪

b0241774_14502864.jpg

スパやジム プール等を利用するときの入口。

b0241774_14504797.jpg

受付でロッカールームの鍵を渡されます。
ミストサウナやジャグジー、シャワールームも3つくらいありました。
化粧台にはボディローションやアメニティがそろってます。(クレンジング・化粧水・乳液除く)

b0241774_1451967.jpg

お目当てのプールは他のゲストがおらず泳ぎ放題だった♪
ここなら泡の中で寝そべるなんてこともできちゃう(*´◡`*)

上に大きな日傘が広がっているので直射日光が避けられますよ!

そういえば、この傘の上を野生のお猿が歩いてたな(笑)

b0241774_1440143.jpg

部屋に戻った頃には日も暮れてました。

夏のこの時間の色好き♡
もう少し暗くなると照明が灯り、動くバギーライトがあちらこちらに見えて楽しいです。


リッツに滞在中はほとんどホテルの敷地内で過ごしていたんですが
一度だけタクシーでクタのTギャラリア(DFS)に行きました。

b0241774_14531641.jpg

ロビーで無料タクシーチケットを貰えるのでそれを利用し、DFSをざざっと見て周り
お隣のモルバリギャラリア内のハイパーマートやその他ショップで買物しました。

Tギャラリアを訪れるときはパスポートをお忘れなく!
帰りの無料シャトルバスは受付で事前に予約しておきます。

私たちは買物の後近くの人気マッサージスパCOZYに寄ったので
帰りはお店でタクシーを呼んでもらってホテルに戻りました。(約Rp.300,000)

リッツ⇔ショッピングセンターバリコレクションは無料シャトルバスが出ていますよ。
時刻表は昨年と同じでした。

昨年の記事とホテル発時刻表はこちら

[PR]
# by burutan | 2017-07-29 18:16 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(2)

バリ島 ~ザ リッツカールトン バリ~

b0241774_2239628.jpg

旅行前半は、昨年と同じヌサドゥアの THE RITZ-CARLTON BALI(ザ リッツカールトンバリ)
3泊しました。

高台にあるロビーから見下ろしたホテル敷地。
真ん中の建物には朝食会場にもなっているSENSE(センス)やバー、コンシェルジュがあります。
中庭を挟むように左右対称に建つ6棟が宿泊棟(私たちは今年も右真ん中の棟)
木々に覆われた中庭に点在している屋根がクラブラウンジとヴィラ。

b0241774_22392527.jpg

開放感抜群のロビーでウエルカムドリンクをいただきながらチェックインします。
応対してくださったゲストリレーションは、昨年と同じ日本人女性でした♡

b0241774_22394485.jpg

タクシーでゲートを通る際、車体・トランク・車内を
エントランスでは空港と同じように荷物と人のセキュリティチェックをするので安心ですね!

ロビーから、宿泊棟・プール・ビーチ等へ行くにはシースルーエレベーターで下ります。

b0241774_2240615.jpg

ホテル敷地の真ん中の通路を歩く途中 後方を振り返ったところ。
高台の建物がロビー、その左横の縦長方形のガラス張りがエレベーターです。

b0241774_22402855.jpg

途中池の鯉を眺めたりしながらビーチに向かってずんずん進んで行きます♪

b0241774_22404816.jpg

プール。

b0241774_22412914.jpg

灼熱の太陽の下ではさすがにここに寝転がっているつわものはいなかった(笑)
夕方から、特に星が綺麗に見える夜なんかは良いのでしょうね(*´◡`*)

b0241774_22415093.jpg

パラソル付きのチェアは結構な数あり特に混み合っている様子はなかったです。

b0241774_22421368.jpg

この景色、ウクレレとか弾きたくなっちゃいますね! 弾けないけれども

b0241774_224229100.jpg

海ーー♪♪

b0241774_2242446.jpg

時折ご近隣グランドニッコーバリのアクティビティ キャメルライドがビーチを通ります^^

b0241774_2243043.jpg

チャペル。

b0241774_22431754.jpg

海に一番近いスイート棟。
昨年見学させてもらった左角の最上階(スカイヴィラ)鳥肌立つほど素敵だった012.gif
(HPに写真載ってます⇒ こちら

b0241774_22433866.jpg

それでは今回私たちが宿泊するお部屋へヽ(*´∀`)ノ

b0241774_22435919.jpg

広大な敷地ですが、あちらこちらにバギーが走っていて
スタッフが「乗って行く?」とにこやかに声をかけてくれますよ^^


写真も内容も昨年と大して代わり映えしませんがお部屋は次の記事で・・・
[PR]
# by burutan | 2017-07-11 23:55 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(6)

バリ島 ~関空からガルーダでデンパサールへ~

b0241774_19353482.jpg

4月28日(金)朝5:30頃の鎌倉駅東口。

GWを利用して一週間バリ島へ旅行して来ました。

今回、デンパサールまでのガルーダの直行便(成田からマイルで乗れるビジネス)が
関空発からしか取れず、早朝に羽田から関空まで行くことになったのです。

b0241774_1936373.jpg

羽田 7:10発 関空 8:25着 ANA093便。
早期に予約したとかで、エコノミーの料金でビジネスに乗れた(*´◡`*)

b0241774_19363887.jpg

富士山!

b0241774_19365644.jpg

朝 家で果物を口にしただけだったので関空のサクララウンジでカレーライスをほおばる。
成田のサクララウンジを想像していたせいか種類も少なくて正直う~んって感じだった...^^;

そういえば、手荷物検査を通過するとき「飲み物持ってないですか?」と英語で聞かれたんだけど
私、どこの国の人と思われたんだろう^^;

b0241774_19372010.jpg

関空 10:50発 GA883便、機材はA330-300。

アメニティポーチの中に 以前はなかったスリッパが入ってた♪

b0241774_19383537.jpg

ロクシタンからクリランスに変わってました。

b0241774_1939490.jpg

昼食は、和・洋・ネシアの中から 前菜とメインを各3~4種類から選べる洋食に。

希望を聞きに来てくれてから料理が出てくるまで1時間以上とえらくかかったけど
機内食なのにガルーダってやっぱり美味しい♪♪

b0241774_19392544.jpg

着陸前に軽食いかが?と尋ねられ頼んだフルーツ(私)とサテ(夫)。
ガルーダのオレンジジュースって美味しくて大好きです♡
他にも、ローストビーフのサンドウィッチ、海老天うどん、ナチョスチーズサルサ
カップ麺、チョコやナッツ、ワッフル、ポテトチップスなどのスナック類もありました。

b0241774_19395147.jpg

デンパサール17:00頃到着。

b0241774_19412071.jpg

すっかり新しく綺麗になったングラライ国際空港。

イミグレでは私の番になったら係の男性がなぜか吹き出すようにフフッと笑いだした・・・

「???なぜ笑ってるの?(笑)」(つられて笑ってしまった)と尋ねたら
「いや、なんでも。(パスポート見ながら)バリによく来てますね、何回目?(笑)」
「6回目...」
「ユーたくさん来てますね!(笑)」

笑う要素ないんだから、気にしないでと顔を横にふられても気になるでしょうよ...025.gif
いったい何が可笑しかったのか謎...

しかも、羽田から関空経由(バゲッジスルー)だったせいか、ベルトがまわりだしてから
私たちのスーツケースが出てくるまで20分くらいかかりました。
機内で私たちのまわりに座っていた人々の荷物はちゃんと最初の方に出てきたし
後から来た人々にもどんどん追い越されていったので、積み忘れられたのかと本当焦った^^;

b0241774_19425616.jpg

これらフリーペーパーは荷物受け取るベルトの近くに設置されている棚に置いてありますよ。


荷物も無事受け取って出口に向かいます・・・が

空港内にメータータクシーはいないので、空港タクシーを利用するんですが
声をかけてくる人は毎回お約束でかなりふっかけてくるんですよね^^;
(エアポートタクシーカウンターでタクシーチケットを買おうと思っていたのだけど
以前あった場所からなくなっていて、探していたらどんどん声かけてきた)

私たちが今回宿泊するヌサドゥアのリッツカールトンまで「Rp.300,000」と言うので
夫が値段交渉したら、結局Rp.230,000まで下がったらしいんですが
同時に私がタクシーカウンターを発見し、そこでチケット買ったらRp.250,000だった・・・
(この頃、Rp.10,000≒80円)

b0241774_19434248.jpg

ここが新しいエアポートタクシーカウンター。
到着口を出て、右手のお出迎えに来てるたくさんの人たちを横目にまっすぐ進み
小さな免税店に沿って出てまっすぐ行った所にあります。

料金表ではヌサドゥアRp.150,000だし、現地ツアー会社のブログの記事を見たら
リッツまではRp.185,000、カウンターでもぼられることがある、と書いてあったので
必ずしも正規料金のチケットを出されるわけではないんですね。
(昨年のマイブログ確認したらRp.200,000弱と記してあった。先に見返しておくんだったー!)

バリの人々が大好きで、親切で心温かい人がたくさんいる中で、生活の事情があるにせよ
着いてそうそうこういうことあるのが本当に残念なんだよなぁ。。。

毎年購入してるので気を抜いてたけど、ちょっとした間に値上がりしてることもあるでしょうし
次回からは現地の最新情報を勉強してから空港タクシーに挑みたいと思います!

b0241774_19441252.jpg

それと、チケットを購入すると待機しているドライバーを紹介され
タクシーを駐車している少し離れた場所まで彼と一緒に行くんですが
ポーターのような人があたりまえのサービスのようにスーツケースを運んでくれようとします。

もちろん後でお金要求されるのでこちらもお気をつけくださいね^^;


タクシーはRp.11,000を払って高速道路(toll road)を使うと、渋滞もなく早く着きますよ。
ホテルまでは35分ほどだったと思います。
[PR]
# by burutan | 2017-06-27 22:14 | 旅行(海外) | Trackback | Comments(4)

熱海 ~熱海 ふふへ再訪 お食事~

熱海 ふふ での夕食は、日本料理と鉄板焼きから選べます。
前回 両方食べて、私たちは日本料理が気に入ったので夢音を予約していました。

b0241774_134532100.jpg

生ビールの泡が(笑)


弥生の御献立
b0241774_1346149.jpg

前菜
ほうれん草とセリのお浸し、菜花とホタルイカの酒盗クリーム、桜鱒の蕗味噌焼き、たこのやわらか煮
さごしの小袖寿司、浜防風と平貝の梅肉和え、そら豆と海老のはさみ揚げ、うぐいす湯葉の茶碗蒸し
にんにくの芽と白魚のかき揚げ

前菜だけで、丁寧に作られたお料理が9種類って
家じゃぜったいにできない 美味しいものを少しずついろんな種類いただける贅沢ヽ(*´∀`)ノ

b0241774_13462154.jpg

もずく真丈と蛤の御椀
蛤は、旨味を閉じ込め身がかたくならず舌触りよくするためなのでしょう、葛打ちされてました。

b0241774_14333228.jpg

本鮪、真鯛、シマアジの御造り

b0241774_1347780.jpg

真鯛は白ポン酢で、鮪はキューブ型の寄せ醤油といただきます。

b0241774_1347326.jpg

地金目の若狭焼き トマトソース掛け
春キャベツとクレソンの付け合せ

b0241774_13475341.jpg

黒毛和牛と春野菜(うるい・筍・ふきのとう・草餅)の小鍋

b0241774_13481352.jpg

穴子の釜炊き御飯

b0241774_13493626.jpg

お食事とデザート(よもぎのムース 金柑 あまおう 白酒のソース)


こちらのお料理、見かけ倒しではなく一品一品が美味しいです。
それに、ちゃんと頃合を見計らってほぼ出来立てを持って来てくださるので
お酒を飲みながら自分たちのペースで食事を楽しめるのです。


朝食は夢音の半個室テーブル席で。
b0241774_1350688.jpg

和食と洋食から選べます。(私たちは和朝食)

b0241774_13503140.jpg

自家製玉ねぎドレッシングのサラダとオレンジジュースから。
朝ってまだ頭も体も目覚めてないので、最初にこういう一呼吸があるっていいなぁ♡

b0241774_13505265.jpg

次に からだにやさしい朝食セットと焼きたての魚が出てきます。
明太子、料理長の自家製らしい!

釜炊きのご飯はおかわりできますよ^^

b0241774_1351967.jpg

コーヒーor紅茶(私はどちらも得意でないのでローズヒップティー)にフルーツ。

b0241774_14183965.jpg

また来たいなぁ♡
・・・いつでも何回でも来たい 笑 (*˘︶˘*).。.:*
[PR]
# by burutan | 2017-06-22 16:17 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(2)

熱海 ~熱海 ふふへ再訪~

熱海の温泉宿2軒目は、昨年2度訪れてとても良かった 熱海 ふふ
宿から何度か割引チケットが送られて来てたのです。

車の送迎サービスがあるので、昼食場所のうまい鮨勘に迎えに来ていただきました。
歩ける距離なんですが、雨脚が強くなってきた中キャリーケース引きずって坂道登って行くのが
ちょっと厳しかったので...

車内にはおしぼりとミネラルウォーターが用意されているという完璧さ012.gif

b0241774_1237594.jpg

今回のお部屋は2階の陶(とう)です。

b0241774_1238195.jpg

寛げる座敷スペース付き。

b0241774_12404865.jpg

ダブルシンクの洗面所とお風呂場。

昨年訪れたときリクエストしたアメニティがあらかじめすべて置いてあった(*´◡`*)

こちらの宿、備え付けのバスアメニティ タイのTHANNの他に
シャンプー、石鹸、ボディソープ、ボディローションなど別のブランドもリクエストできるのです。
(ロクシタン、アロマセラピーアソシエイツ、ミラショーン等)

b0241774_12411848.jpg

引き出しの中にはクルクルドライヤーや至れり尽くせりのアメニティ。
シスレーのクレンジング、洗顔クリーム、化粧水、乳液も用意されていますが
POLAをリクエストすることもできます。

b0241774_12414187.jpg

館内でも着用できる浴衣、パジャマ(下がないロングパジャマみたいの)、バスローブ、足袋
大浴場や食事に行くとき鍵やちょっとしたものを入れる手提げ。便利です!

b0241774_1242758.jpg

ネスプレッソマシーンと36杯分(!)のカプセル。

シャンパングラスやワイングラス、ティーカップや日本茶のセットも用意されてるので
お酒を持ち込んで部屋でのんびり飲むのもいいですね♪

b0241774_12423632.jpg

基本ターンダウンもないので、スタッフが部屋の中に入ってくることはなく
フロントに何かお願いすると(CD、DVDなども)玄関のボックスに入れておいてくれます。


なので安心して、夫は大浴場へ、私も部屋の露天風呂に入る ヽ(*´∀`)ノ

b0241774_12425822.jpg

源泉掛け流しの露天風呂。
ゆっくり温泉に浸かりながらTVも見れるけど、緑を眺めている方が気持ちいい♪♪

大浴場にはスーパードライのチビ缶やビンのコーヒー牛乳が置いてあるので
夫に持ってきてもらってここで飲みました。

b0241774_12432491.jpg

部屋の冷蔵庫(すべてフリー)にもいろいろ入っていますよ^^


そしてこの後・・・

b0241774_12434147.jpg

Sisley Spaを体験しました!!
(夫が1名スパ付きの宿泊プランを予約してくれていたので)

シスレーのスキンケア商品ってどれもアロマのとても良い香りがするんですね♡
60分間気持ちよさと香りにずっと癒されてました。
リンパに毒素が滞っていたらしく、時々痛かったですけどね^^;

プロの手ってやっぱりすごいです。

「burutan、わかってる?エステで効果あるのなんて20代までだよ!」
「私たちくらいになったらもう病院!医療に頼らなきゃ、治療、治療!!」
と自分のシミシワ取り代は医療費だと大笑いしていた学生時代からの友人Kちゃん、

エステでもやっぱりお肌変わったよ(喜)

なんて言うか、たとえばすっぴんで外行ったとき
ふつうなら 鎌倉でも帽子をかぶり、知り合いに会いませんよーにと足早に歩くけど
エステ後のツヤツヤ顔なら髪アップにして銀座歩ける、くらいには違うかな(笑)

そして、シスレー化粧品を購入できる3000円チケットもいただいたんですけど

なにしろ...

なにしろお高くて...


私に買えるものはありませんでした(笑)


が、ちょうど3月は夫の誕生月ということで
b0241774_124412100.jpg

宿からブルガリの石鹸とアフターシェーバーエマルジョンのミニセットをいただきました♪
(老眼の夫は喜びながらも「これなあに??」と言っていた 笑)


それでは館内の夕食場所 日本料理の夢音へ。
b0241774_1354964.jpg

夜は照明が落とされ、大きな窓からライトアップされた中庭の木々が見えるカウンター席。
パースで仕切られた半個室なので寛いで食事を楽しめます。


お食事編は次の記事で...
[PR]
# by burutan | 2017-06-20 15:18 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(2)

熱海 ~ゆとりろ熱海に宿泊し うまい鮨勘で昼食~

3月末、熱海の温泉宿2軒に一泊ずつして来ました。

b0241774_1611137.jpg

1軒目は ゆとりろ熱海

露天風呂付き和洋室のドア開けて見た左側。

b0241774_1613370.jpg

右側
冷蔵庫の中のソフトドリンク(カルピス、なっちゃん、ファンタ等)は無料で
ナノスチーマーなる美顔器なんてものまでついてましたよ♪
(飛びつくも、面倒になり途中で止める女子力低い自分のため効果の程はわかりません (´-`)

b0241774_1615355.jpg

洗面所とシャワーブース
アメニティはすべてPOLAでした。

b0241774_1622233.jpg

スリッパ脱いで寛げる空間。

あ、ソファで寛いでいるとき相方が鼻歌交じりにお風呂入ってる姿を視界に入れたくなければ(笑)
レースのカーテンをザザーッと降ろせます。

b0241774_1624737.jpg

せっかく露天風呂がついているのでバスタブにお湯をためてのんびり入りましょう。
温泉ではないのがちょっと残念ですが・・・

b0241774_1632472.jpg

海が見えたりするわけではなく、人目につかない庭で湯船に浸かってる感じ。
でも広い空が見えてとても気持ちいい♪♪ ヽ(*´∀`)ノ


もちろん大浴場もありますよ!
こちらの湯は弱アルカリ性の伊豆山温泉だそうです。

b0241774_1634934.jpg

で、大浴場から部屋へ戻る通路の端にこのようなものが設けられてます。

裸足で石の上を踏みしめて歩くの...

出だしは石も丸くて大きめなので余裕だけど、中盤から三角の細かい石が結構くる^^;

b0241774_164116.jpg

ロビーの窓側には足湯カフェも設置されてました。
お茶しながら水平線と景色を眺めのんびり浸かるのもいいですね♡

b0241774_1643659.jpg

プレイルーム

温泉と言ったら卓球でしょう!!017.gif
と大してうまくもないのにサーサーッ言い合ううるさい夫婦。
(昨秋につづき、ここでも夫に勝利する。ナハハ!)

そして人生初のビリヤードに挑戦する♪♪ 
も、ルールどころかキューの持ち方すらよくわからず すぐに輪投げに移動するださい夫婦...

b0241774_165194.jpg

そして夫が意外に上手かった(笑)

b0241774_1653376.jpg

夕食は館内のレストラン響で、目の前が鉄板のカウンター席でいただきました。

b0241774_1654791.jpg

b0241774_166242.jpg

b0241774_1733279.jpg

「極 KIWAMI」コースだったかな?結構皿数ありました。

ただ私たち、ビール→日本酒を飲みながらだったこともあって
お造りにもまだ手をつけずお椀をいただいているときにステーキが運ばれて来てしまい
スペースに置けないので一旦下げてくださったけど、再度出てきたときはすっかり冷えていて
保温と言うかせめて鉄板の端っこにでも置いといてもらえると...
焼き加減まで尋ねてせっかく目の前で焼いているだけに、ね^^;


朝食
b0241774_1662855.jpg

これに、サラダとソーセージが添えられた目玉焼きも出てきました。

お食事は残念ながら全体的にあまり私たちの好みではなかったかな...
(レビューで高評価な方もたくさんいらっしゃるので、あくまで私たちには、です)


次の宿に移動するためチェックアウトし、宿の車で熱海駅まで送っていただき
チェーン店の うまい鮨勘 で昼食をとりました。

b0241774_17332264.jpg

以前の熱海旅行で訪れた 口コミがとてもよかった某魚介料理店でガッカリしたのと
熱海在住の料理人が「熱海では・・・食事しません^^;」と言っていたので
失礼ながらまったく期待してなかったんですが、ここ良い!!

寿司だけでなくサイドメニューも充実しているので居酒屋のように使い勝手よいし
改装したばかりらしく高級感あって、それでいて肩肘張らずに食事を楽しめる明るい雰囲気。
宿の夕食のために軽くするつもりがしっかり食べてしまったのにお値段安くて大満足でした。

熱海に来ることあったら次回からお昼はここにしようっと (*´◡`*)


ところで、しばらくブログ開いてなかったら Ads by JWord なるものが右のバナーに貼り付いてるんだけど
なんですかねこれ?? やだなぁ~ (˘・ε・˘)
[PR]
# by burutan | 2017-06-09 18:33 | 旅行(国内) | Trackback | Comments(2)